VISA・在留資格・国際結婚・外国人雇用について

起業会社設立・VISA申請・遺言相続・飲食申請の方法・手続きを説明、解説

VISA・在留資格・国際結婚・外国人雇用について

トップ > 在留資格・国際結婚・外国人雇用

外国人が日本に入国・在留するためには、入国管理局にて法務省令で定める手続にしたがって法務大臣に対し、各種の申請手続をしなければなりません。 ここでは、入国手続、在留資格、国際結婚、外国人雇用について解説説明します。

■目的別 査証(VISA)申請


矢印日本での国際結婚手続について

矢印外国人雇用・就業ビザ(VISA)取得の手続

矢印永住権・永住ビザの手続

■入国手続


矢印外国人の入国・上陸の手続

矢印外国人が入国・上陸するのに必要な書類・査証(VISA)

矢印在留資格認定証明書の申請手続

■在留審査手続


外国人の日本での活動の目的 ・内容が在留中に変更された場合や、 在留期間を超えて在留する場合に在留期間の更新手続が必要となります。 このような外国人が日本に在留する間において入管局で行う必要な各種の諸手続を「在留手続」といいます。

矢印在留資格の変更

矢印在留期間の更新

矢印在留資格の取得

矢印永住許可

矢印再入国許可

矢印みなし再入国許可

矢印資格外活動の許可

矢印就労資格証明書

【参照】 出入国管理及び難民認定法関係手続について(法務省)

■在留管理制度・在留カードの手続


【在留カード制度】は、日本に中長期間在留する者(中長期在留者)に対して交付される一元的に入国管理局が管理する外国人に対する入国管理制度です。 滞在の「証明書」「許可証」として利用され、カードの紛失や記載内容の変更があった場合には、申請手続が必要です。

矢印在留カードの有効期間更新

矢印申請紛失等による在留カードの再交付申請

矢印汚損等による在留カードの再交付申請

矢印交換希望による在留カードの再交付申請

矢印中長期在留者の住居地の届出

矢印住居地以外の記載事項変更届出

【参照】 出入国管理及び難民認定法関係手続(法務省)

■ 高度人材ポイント制による出入国管理上の優遇制度


活動内容に応じて一定以上のポイントの高度人材外国人に出入国管理上の優遇措置を与えるポイント制度です。 外国人から高度人材外国人を認定する仕組みで、在留資格として「高度専門職」が付与されます。

高度人材受入推進会議報告書にて高度人材外国人とは「国内の資本・労働とは補完関係にあり,代替することが出来ない良質な人材」であり, 「我が国の産業にイノベーションをもたらすとともに,日本人との切磋琢磨を通じて専門的・技術的な労働市場の発展を促し,我が国労働市場の効率性を高めることが期待される人材」 とされています。

高度人材外国人は活動内容から、 研究,研究の指導又は教育をする活動【高度学術研究活動「高度専門職1号(イ)」】自然科学又は人文科学の分野に属する知識又は技術を要する業務に従事する活動【高度専門・技術活動「高度専門職1号(ロ)」】事業の経営を行い又は管理に従事する活動【高度経営・管理活動「高度専門職1号(ハ)」】
の3つに分類されます。

矢印申請手続の流れ これから日本に入国される外国人の方 住在留資格認定証明書交付申請の流れ

矢印申請手続の流れ すでに日本に在留で在留期間の更新を行う外国人の方 在留資格変更許可申請・在留期間更新許可申請

【参照】 高度人材ポイント制による出入国管理上の優遇制度(入国管理局)


Copyright (C)2014 起業会社設立・VISA申請・遺言相続・飲食申請の方法・手続きの説明、解説サイト
起業会社設立・VISA申請・遺言相続・飲食申請の方法・手続きの説明、解説サイト All Rights Reserved
[運営サイト]
起業・独立・開業・副業情報サイト